看護の学校の選び方|理学療法士の専門学校を目指そう|手に職が必須な時代
女の人

看護の学校の選び方

女の人

模擬試験を受験すること

看護学校は全国各地にありますが、学校によってそれぞれ偏差値が違ってきます。医療技術は発達しより高度なものに進化しているので、学校のレベルも高くなりつつあります。偏差値が高い看護学校は、その分レベルが高く一定以上の学力がないと入学することが難しく入学しても卒業するまでが大変になることもあります。そこで、自分のレベルにふさわしい看護学校を見極めるには模擬試験を受験することが大切です。模擬試験では、過去に出題された問題や入試の傾向を把握することが出来るのでその結果をもとに学校選びをすると良いです。自分の志望する学校とレベルを良く照らし合わせた上で最終的に進むべき学校を選ぶようにすると良いと言えます。

倍率とは直接の関係は無い

看護学校を選ぶ時に、決め手の一つとなるのが偏差値ですが偏差値は倍率と直接関係あるものではありません。大体の学校の難易度を示すものになりますが、一定のレベルを示しているのでそれよりも自分のレベルが低いから入学できないというわけではありません。偏差値は、参考程度にしながら学校選びをする際は模擬試験の結果で決めるようにします。模擬試験の結果次第では、偏差値に見合わなくても合格する可能性があることもあります。そのため、学校の偏差値が高く自分のレベルに見合わないとあきらめてしまうのではなく一度模擬試験を受けてからその結果も合わせて学校を選ぶようにすると良いでしょう。偏差値に縛られ過ぎないことが大事になります。