欠かせない教育機関|理学療法士の専門学校を目指そう|手に職が必須な時代
女の人

欠かせない教育機関

ウーマン

即戦力として働ける

昨今、人材不足から、看護師の養成が急がれています。看護師になるには、専門学校か大学に通う手段があります。二つのうち、看護師になるほとんどの方は専門学校を卒業している傾向にあります。専門学校が人気を集める理由の一番は、卒業後、即戦力として働けるからです。専門学校では、大学とは違い、一般教養を除外して看護に関する専門科目を指導しています。看護の知識について深く学べるので、今後のキャリアに活かすことが可能です。それと、専門学校の一番の特徴は、非常に実習が多いです。実習とは、実際に病院などの医療の現場で患者を看護するものです。全体のカリキュラムの3分の1を実習が占めていると言われています。なので、患者への礼儀、医療の現場の雰囲気をいち早く学ぶことができます。即戦力としてあらゆる事を学べるので、看護師としてのキャリアをスタートさせるのに有利です。

通うのにかかる費用

看護師になるには、必ず専門学校や大学などの医療系の教育機関に通う必要があります。学校を選択するのにあたり、重要なのが学ぶのにかかる費用です。専門学校の場合、公立の一年間の授業料は20万円、私立で約80万円かかります。一方の大学は、公立では約60万円、私立だと110万円以上かかります。費用の数値は、学校によって多少の差があります。専門学校の学費が安い理由は、大学病院などの付属として設立されているからです。昨今では、医療現場で働きたいと言う人材が減っています。そのため、病院側が授業料を低く設定して、即戦力の看護師を確保したい意図があるのです。学生にとって学費が安く、卒業後の就職先も確保しやすい利点があります。そのため、専門学校は互いの利益を補い合っているといえます。